ファミマTカードの審査を通るための6つのポイント

ファミマTカードの審査を通るための6つのポイント

ファミマTカードを持ちたいけれども審査が不安な方へ
「ファミマTカード」は割引やTポイント還元などのお得なサービスがあり、ファミマを良く使う方は持っていて損のない一枚です!
カードを持ちたいけれども審査が通るか不安な方へ、審査が通りやすくなるための6つのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク 


ファミマTカードの審査を通るための6つのポイント

 

その1:キャッシング機能をつけない!


 

ファミマ

学生さんや主婦の方で初めての一枚におすすめなのがこのファミマTカード。信用情報に傷がついていなければ、比較的審査が通りやすいカードです。
けれども収入が安定していないと審査に通るのか不安になりますよね。

このカードが審査に通りやすいのは「キャッシング利用0円」を選べるからなのです!
審査が通るか不安な場合は、新規登録するときにキャッシング枠を「0円」に設定しましょう。
キャッシング機能をつけると「お金に困って現金を借りるためにカードを作るのではないか」と考えられてしまう可能性があります。
特に他社でキャッシングの借り入れがあり、収入が安定していないとカードの審査に引っかかる場合が多いです。
収入が少ない・安定していないけれどもカードが持ちたい場合には、キャッシング機能を付けないと通りやすいのです。

また、すでに他社のカードを使っている方は、他社のカードのキャッシング枠を事前に少なくしてから申し込むとさらに通りやすくなります。
カードは持っているだけで「将来利用するかもしれない」とみなされるので、使っていないカードの解約なども効果アリです。

 

その2:最初はショッピング枠も小さく設定する


カード会社が一番嫌がるのはカードで使ったお金を払ってもらえないことです。
万が一払ってもらえなくても高額でなければ遅れてでも払ってもらえる可能性が高くなります。
ですので、特に初めてカードを持つ学生さんや若いフリーターの方などは、利用できる可能額を小さめに設定すると審査が通りやすくなるのです。

総枠:10万円・ショッピング枠10万円で設定すれば、学生や主婦、フリーターなどでも通りやすいです。小額でも定期的な収入があれば、総枠30万円くらいまでなら通ると言われています。
利用総枠やショッピング枠はカード利用状況に応じて増やすことが可能です。優良な利用者であれば、半年程度で増枠ができます。

 

その3:他のクレジットカードを同時に申し込まない


最近入会特典で数千円相当のポイントがつくキャンペーンをあちらこちらで見かけます。
この入会特典欲しさに、短期間にクレジットカードを3枚以上申し込むと審査落ちする可能性が高くなります。
お金に困ってカードを連続して作っているのではないかとみられてしまうからです。

カードの申込をしたという情報は、カード審査する際にどこのカード会社も確認する「信用情報機関」に6か月履歴が残ります。正確には、「○○社が審査の為に情報を開示したよ」という情報が残るわけです。
カードを作れば信用情報にそのカードの利用状況のページが作られます。開示されたという情報が載っているのにカードのページが作られていないと、審査に落ちたと言う事がすぐわかります。
一度審査に落ちると履歴が消える6か月間はカードを作りづらくなってしまうので、もし他社で落ちたことのある方は申込期間を6か月開けてから申込みするのが無難です。

一般的に言われてるボーダーラインは、半年間で3社までです。いくらたくさん欲しくても、半年で3社以上申し込まないようにしましょう。

スポンサーリンク 


その4:虚偽の記載はしない


カードの審査は勤続年数が長かったり安定した収入がある方が審査は通りやすくなります。
しかし、いくら給料が少なかったり他社での借り入れがあったりしても虚偽の記載はしないようにしましょう。
キャッシングリボを利用する場合は源泉徴収などの年収が分かる書類の提出を求められることがありますし、他社からの借り入れは信用情報を確認すればすぐに虚偽がわかります。
基本ファミマTカードは審査が通りやすいカードです。虚偽の記載をしてリスクを冒すよりも、正直に書いた方が審査が通りやすいです。

ただ、ファミマTカードは勤務先に確認の電話が掛かってくるケースをあまり耳にしません。もちろん0とは言い切れませんが、ある程度虚偽がばれにくいのは確かです。
勤続年数が11か月を1年……くらいの記載は許される範囲かもしれません。

わざと虚偽の記載をしなくても、電話番号や住所を書き間違えたりすると「虚偽の記載」とみなされてしまう場合もあります。
申込み前の最後の確認は怠らないようにしましょう!

 

その5:カードの使い道は「生計費決済」で!


Tポイント貯まる使える

クレジットカードを作る時に、カードの利用目的を記入する欄があります。
ネットの申込だと選択肢から選ぶことになるのですが、選ぶときに「事業費決済」や「融資」を選ばないようにしましょう。

カード会社は「事業で使うお金はリスクが高い」「キャッシング=お金に困っている」と判断する場合が多いです。あなたが自営業で実際に事業費のためにカードを使いたいと考えていたとしても、審査に通りやすくするために選ぶのは「生計費決済」です。
自営業は事業費と生計費の線引きが難しいため、主な使用目的が生計費ならば虚偽にはあたりません。

 

その6:2月か3月に申し込む


ファミマTカードは2月や3月は比較的審査が甘い傾向にあると言われています。
2月や3月は決済の前なので、カード会社は成績を少しでも良くしようと出来る限り加入者を増やそうとします。お得なキャンペーンなどを出してくるので申込者も増え、さっと審査を通してしまうということもあるようです。
他社で以前通らなかった方も、決済時期にはファミマTカードでの審査を試してみる価値ありです!

 

あとがき


いかがでしたでしょうか?
カードが作れてもカードを使いすぎて延滞などをしてしまえばカードが使えなくなります。身の丈に合った使い方を心がけましょう。
今回は「ファミマTカードの審査を通るための6つのポイント」をお届けいたしました。最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind