経理を早く済ませるコツ7つの要点

経理を早く済ませるコツ7つの要点

経理担当者や経理業務で悩んで苦労している事務員の方々へ 経理は悩み尽きない仕事ですね。
ストレスもたまります。でもコツさえ掴めば大丈夫。 もっと効率的にする方法があります。ご心配無用。
その秘訣をお教えしましょう。

スポンサーリンク 


経理を早く済ませるコツ7つの要点

1.時間管理


経理をやる上でもっとも重要なこと、それは時間管理です。 午前中何時から何時まで一
時間でこれをやる、その次は三十分使ってこれ、 その次は二時間使ってこれ、というふ うにきっちり時間を区切ることが重要です。

もちろんそれで終わらない場合もあると思います。しかし、時間を決めることは自分の潜
在意識にその時間で終わらすぞと言い聞かせることでもあります。これを意識して仕事を することは意識せずにやる場合と比べて成果に天地の差が出るのです。 そして一日のスケジュールだけでなく、週、月間、年間の予定もスケジュール表を作って ください。これは作らなくても分かっているとばかりに軽視する人が非常に多いのですが、 これは絶対に間違っています。 スケジュール表があることで今日する仕事の位置づけが明確になるのです。

 

2.仕事の優先順位をつける


経理の仕事といっても重要度はさまざまです それにそれほど重要ではないけれども急ぎ の仕事というケースもあります。この場合まず急ぎのものを午前中に片付けてください。 朝一番で処理してください。これを残すと気になって仕方がなくなります。 すっきりした気分で仕事をやるうえでもまず一番に済ませて おくのです。 そしてその後に重要度の高い仕事に着手します。

 

3.仕訳はできれば簡素化する


勘定科目が多過ぎませんか?それがかえって財務諸表を見るときに分かりにくくなって
いませんか? もちろん今まで使用してきた科目を簡素するのは簿記の原理のひとつであ る継続性の原理に反します。でもそれによってかえって財務諸表を見やすくして、内容を 把握しやすいように変える方向であれば許されているのです。起票も効率的になります。
もし会社の規模に比して科目が多いと思えたら、上司に科目の簡素化を提案してみてくだ
さい。

スポンサーリンク 


4.ショートカットキーを覚える


これも重要です。同じことを入力するのに一回のタイピングで済ませるのか二回もたた くのかは永い目で見て大きく時間に影響します。これもいろいろな便利な入力方法があり ますので是非自分のものにしてください。

 

5.支払いは極力ネットバンキングで済ます。


どの企業も支払い予定日を定めています。この日が迫ると気分的にあわただしくなりま すね。その準備は毎月の習慣とは言え、量的に多いのでタフな業務になります。 そこで便利なのがネットバンキングです。主要取引先のネットバイキングを利用します。 ネットで支払いを済ませるのです。もし支払い先が多くてもそれまで作った実績データが 活用できます。たいてい毎月の支払先は決まっているのでこのデータを活用しない手はあ りません。 最初の導入が少し面倒ですが、後々のことを考えたら是非利用したいもので す。

 

6.会計ソフトに直接入力する


最近は領収書から直接入力する企業も多くなりましたね。わざわざ起票しなくともよい
のです。起票という仕事を省くという意味でも直接入力が優れています。入力した領収書 はかならず済印を押してくださいね。
では会計伝票はどうするの?これは会計ソフトから会計伝票の印刷という項目があるは
ずですからこれを利用して印刷します。

 

7.何事もチェックを怠らない


もし経理を効率的に行ったとしても間違ってしまったらそれを訂正するのにも相当の時 間を使います。これは特に決算というもっとも時間を食う業務を行うときに早く済むかあ るいは時間がかかるかに決定的に影響します。チェックは常に心がけましょう。特に大事 なのが現金残、預金残のチェックです。会計の動きの大半が現預金に関わります。これが 正確だと会計の精度がかなり高まるのです。決算時の各勘定科目の見直しが楽になります。 日常業務としての経理を制するものは決算を制するのです。

 

あとがき


以上ですが、少しでも身につけたいものばかりです。経理といってもできるかぎり楽を したいものです。ポイントをついた仕事は気持ちに余裕が生まれます。 仕事が楽しくな り、自信も持てますね。
今回は<経理を早く済ませるコツ7つの要点>でした。 最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind