コンビニで使うのにおすすめなクレジットカード5選

コンビニで使うのにおすすめなクレジットカード5選

コンビニで良く買い物をする方へ
最近大手のコンビニであれば、クレジットカードが使えるところが多くなりました。クレジットカードで買い物をしてお得にポイントを貯めたい方へ、コンビニで使うのにおすすめのカードをご紹介します。
今回は「コンビニで使うのにおすすめなクレジットカード5選」をお届けいたします。

スポンサーリンク 


コンビニで使うのにおすすめなクレジットカード5選

 

その1:ファミマTカード


コンビニで使うのにおすすめなクレジットカード5選2

独り暮らしや会社のお昼などにいくらコンビニをたくさん利用する人でも、コンビニでしかカードを使わないって人は少ないのではないでしょうか。
メインのカードとして使いたくて、尚且つファミマが近所にあるならば、ファミリーマートが発行する「ファミマTカード」がおススメです!

魅力は還元率とTポイントの貯めやすさ。
Tポイント加盟店での利用はいつでも1.5%の還元率を誇り、ファミマで火・土曜にクレジットカード払いすると、なんとポイント還元率2.5%です!
現金払いしたいなというときでも、Tポイントカードのの機能を搭載していてポイントが貯まるのは嬉しいですよね。
そして、もう一つ魅力なのは商品の値引きが受けられること!ファミマTカードを提示すると、「今お得」と表示のある商品が20〜60円値引きされた価格で購入できます。

Yahoo!Japanやニッセンなどのネットショッピングや、スーパーやドラッグストアやファミレスでもTポイントが貯まるので、使い勝手が良くておすすめです。

 

その2:楽天カード


ネットショッピングもしてコンビニも使う!って方は、楽天カードです。
楽天を使う方なら、敢えて他のカードをつくるよりもポイントが貯めやすい楽天カード一つに絞って、ガンガンポイントを貯めるのが賢い方法です。

サークルK・サンクス・ポプラ・スリーエイトなどでは現金払いでも1%の還元率でポイントがつきます。他にも大丸や出光などでポイントがたまります。
Tポイントに比べると加盟店はまだまだ少ないですが、これから伸びしろがありますし、入会時のポイントキャンペーンもかなり魅力的なカードですよね。

そして、楽天カードをお勧めする最大の理由は、「コンビニではほとんどのお店で楽天Edyが使える」という点です!
クレジットカードに楽天Edy機能をつけて、クレジットカードでチャージをして支払えばチャージポイント1%と使用時のポイントが0.5%貯まります。
わざわざ加盟店のコンビニを探さなくても良いのはかなり便利です。
特に決まったコンビニを使わない方は、まず楽天カードを作ってみてはいかがでしょう?

 

その3:クラブオンカード/ミレニアムカードセゾン


セブンイレブンを使う方で、尚且つ生活範囲内にセブンアンドアイ系列のお店が多い方ならnanaco搭載のセブンカードがおすすめですが、敢えて他のカードを挙げるなら西武系のクラブオンカードやミレニアムカードセゾンです。
セブンアンドアイ系列でクレジットカード決済をすると、クラブオン/ミレニアムポイントが100円(税込)につき、1ポイント貯まります。
対象商品を買うとボーナスポイントもつきますし、さらに1000円以上の買い物のときは、二重で「永久不滅ポイント」が貯まります。
永久不滅ポイントはその名のごとく、期限がないのでのんびりと貯められるのが魅力です。1,000円につき1ポイントと聞くと「全然貯まらないじゃん!」と思いがちですが、永久不滅ポイントは1ポイント5円相当です。
還元率で言えば0.5%ですね。ミレニアムポイント1%と合わせると、1.5%です。1,000円以上使うなら、セブンカードの還元率と変わりません。

そごうや西武の利用だと通常2%のポイント還元率に加え、食品売り場でクラブオンカードとnanacoを両方提示するとダブルでポイントがつきますし、クラブ・オン/ミレニアムポイントはnanacoポイントに変えることも出来ます。「コンビニでは1,000円使わないよ?」という方でも、メインのカードとして一枚持つなら、さまざまなポイントと交換出来て永久不滅ポイントも貯まるクラブオンカードが汎用性が高くおすすめです。
スポンサーリンク 


 

その4:ローソンならJMBローソンPontaカードVisa


コンビニは主にローソンだよ!という人は、ローソンで使えるJMBローソンPontaカードVisaがおすすめです。
セブンカードが「200円(税込)につき3ポイント」なのに対し、JMBローソンPontaカードはクレジット払いで100円(税抜)ごとに2ポイントです。現金払いの時は支払金額の100円(税抜)ごとに 1ポイント貯まります。
還元率で言えば1.5%と2%ですが、税抜300円の買い物をしたら3ポイントしか貯まらないセブンカードに対し、ローソンは300円で6ポイント貯まります。
そう考えると「100円ごとに」というのは塵も積もれば山となる、でかなり高ポイントですよね。
こう書くとセブンカードが優秀でないように感じてしまいがちですが、セブンカードは「税込200円」につき3ポイントなので、高い買い物をするとお得になるのはセブンカードです。

また、PontaポイントはJALのマイレージに交換できたり、レンタルショップやガソリンスタンドなど提携店でもポイントが貯まります。
電子マネー機能一体型ではありませんが、おサイフケータイ「iD」と連動できるので、他のコンビニで利用してもポイントを無駄なく貯められます。

 

その5:イオンSuica機能付きカード


イオンカードは言わずと知れたイオングループのカードです。
コンビニでクレジットカードとして利用する際の還元率は特別上がるわけではないのですが、Suica機能が付けられるため、楽天Edy同様Suica対応のコンビニで便利な一品です。
JR東日本を良く使う人はこのカード一枚で移動も楽ちんですし、キオスクでの買い物やSuica対応自販機などもこのカード一枚で便利です。クレジットカードでSuicaにチャージするたびにポイントが貯まるし、生活圏内にイオンがある方はもちろんのこと、普段使いにもかなり役立つカードです。

イオンカードは他にも生活スタイルに合わせてWaon搭載のカードにしたり、自分の好きなようにカスタマイズが出来るので、イオンカードを作る方は必ず自分に合うカスタマイズをしましょう!

 

あとがき


いかがでしたでしょうか?
コンビニだけでクレジットカードを利用するという方は少ないはずです。利用するコンビニメインでカードを選ぶのもアリですが、コンビニ以外での使い道を吟味したうえで自分に合ったカードを探しましょう。
今回は「コンビニで使うのにおすすめなクレジットカード5選」をお届けいたしました。最後までお読み頂きありがとうございます。
スポンサーリンク 


Speak Your Mind