専業主婦が借金をした時に考えなければいけない5つのポイント

専業主婦が借金をした時に考えなければいけない5つのポイント

借金をしている専業主婦の方へ
今は専業主婦でもクレジットカードを作れる時代です。簡単にお金を借りられるぶん、注意しなければならないポイントがたくさんあります。
今回は専業主婦が借金をした時に考えなければいけない5つのポイントをお届けします。

スポンサーリンク 


専業主婦が借金をした時に考えなければいけない5つのポイント

 

その1:お金は自分名義のカードから借りましょう。夫の名義を使ってはいけません。


プリント

専業主婦の方だと、ご主人名義のクレジットカードを利用している方がいらっしゃいます。
ついクレジットカードで買い物をする感覚でキャッシングローンを使う方がいらっしゃいますが、これはキケンですのでやめましょう。

夫名義のクレジットカードだと、まず明細が夫本人に行くのですぐに借金が発覚します。
たとえ明細などを自分が管理していたとしても、もし返済が滞ったら即夫本人に連絡が入ります。
そして最悪の事態ですが、借金が膨らんで返済ができなくなった時、夫も自分も2人で債務整理をしなければなりません。そうなるとクレジットカードを持てなくなるだけでなく、夫の社会的信頼が失墜します。
車のローンや住宅ローンも最低5年間は組めなくなりますし、下手したら「自己破産」になり持家を売る羽目になるかも知れません。

「専業主婦の私の枠だと借りられる金額は限られているから」とご主人のカードに安易に手を出すことはやめましょう。
専業主婦は、返せる額が限られているから借りられる額も限られているのです。自分で借りられる限度額以上のお金を借りるのはやめましょう。

 

その2:「信用情報」を取り寄せ、自分の状況を確かめましょう


良く「ブラックリスト」という言葉を聞きますが、これは実際にブラックリストが作られるわけでなく、信用情報に傷がつくということです。
信用情報とはどんなものでしょう? 「CIC」とか「JICC」とかの単語をご存知の方は分かると思いますが、本人のローンや借入状況、延滞があるかどうかなどの情報を管理している会社があるのです。
金融機関や貸金業者などは、これらの情報を見て「この人にお金を貸してもOKか」と判断します。

借金をしている方は、一度「信用情報」を開示してみましょう。CICはPCやスマホなどネットで閲覧できるので一番楽です。
ショッピング枠でいくら使って予定通り返しているか、返済が滞ったことはないか、実に詳しく出ています。
もし順調に借金を返していても、借金額が大きかったり消費者金融での借金があると、クレジットカードの新規申し込みや新規のローンを組むことは難しくなります。「自転車操業なんじゃないか」と思われるからです。
また、返済日から61日(金融業者による)過ぎても返済がない場合、返済状況の欄に「異動」という文字がでます。これがいわゆる「ブラックリスト」と呼ばれる金融事故です。
この異動の文字がつくと、完済から5年間は情報が消えません。事故発生から5年ではなく、「完済」から5年です。
また、債務整理をしたときや保証会社に支払ってもらった場合も同じように記録が残ります。
もしあなたが今後働き始めて夫と住宅ローンを共同で組むときなどにこれら金融事故の記録があると、ローンは組めないわ夫にバレるわで泣きっ面に蜂ってことになります。
今の自分の状況を知ることはとても大切です。

 

その3:カードは「途上与信」を掛けられています。カードの利用停止などもあり得ます。


さて、先ほどお話しした信用情報ですが、カード会社によっては「途上与信」といって、定期的(または不定期)に信用情報をチェックすることがあります。
例えば今までカードローンをしていなかった人が急に30万の借金をした場合、「他の業者にも借りていないか」「返済状況はどうか」などをチェックするのです。

現在は「総額で年収の1/3までしかお金を借りられない」という法律があります。専業主婦の場合、ご主人の年収や利用状況により各社借り入れ可能額を設定します。
利用状況によってはクレジットカードの利用限度枠の減少やカードの利用停止もあり得ます。
自分の借金は他社にも筒抜けだということを十分把握し、ある日突然カードの利用停止を言い渡されないように気をつけましょう。

スポンサーリンク 


 

その4:夫に秘密の借金は必ず破たんが待っています


夫からもらっているお金で借金を返済しきれなくなった時、大抵の方は夫に話さずに別のところからお金を借りようとします。これが借金地獄に陥る人の特徴です。
借金地獄に陥る人は「ストレスに弱い」人が多いです。今は借り入れも無人機で簡単に出来る時代です。借り入れさえできれば夫にバレないから、怒られないからと、どんどん借入をしていってしまうのです。
最初は月々返済してまた生活費が足りなくなってちょこっと借りるくらいだったものが、元金が増えると利息も増えていき、だんだん返済ができなくなります。
こうなると必ず督促が来て夫にバレます。

夫の給料は急に増えるものでは無いですし、自分も稼いでいないのならば、今払えないものが後で払えるわけがないのです。
その場しのぎで何とかしようと思うと、必ず破たんはやってきます。「離婚はイヤ」と隠せば隠すほど、自ら離婚の道に突き進んでいるようなものです。
ほんの数万の借金で返済のめどが簡単に立つくらいの額ならば内緒でも良いと思いますが、「返すためのお金を借りる」ようになったら、その時点ですぐ夫に話しましょう。

 

その5:早めに任意整理を考えましょう


強いて「夫にバレない方法」を挙げるなら、早めの任意整理です。
任意整理というのは、借金を返さなくても良いものではありません。弁護士や司法書士に頼んで、過払い金や利子の軽減などを提言して債権者(カード会社など)に合意をもらい、5年以内に借金をすべて返すというものです。
実質的に支払の負担は減りますが、根本的に月々の支払額を軽減すれば借金を返せる人でないと任意整理は行えないため、返せないかもと思ったら早めに弁護士事務所や法テラスなどに相談をしましょう。初動が早ければ早いほどなんとかなります。

任意整理は「配偶者に秘密で行います」という弁護士事務所も多数あります。が、任意整理は当然弁護士費用がかかります。自分の親など弁護士費用を立て替えてもらえるような人がいることと、任意整理をしている間は節約をしてしっかり返していくことが必要になってきます。
任意整理中に約束の金額を返せないと、任意整理は反故となり、借金と弁護士費用だけが残ってしまいます。
任意整理をしている間にいわゆる闇金のようなところから借り入れをしてしまったり、滞納したりすることのないようにしましょう。

 

あとがき


いかがでしたでしょうか?
借金の支払が苦しいと思ったら、夫や両親、弁護士など他者に相談する勇気を持つことが一番大事です!
今回はをお届けいたしました。最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind