カードローンとキャッシングの5つの違い

カードローンとキャッシングの5つの違い

カードローンとキャッシングを使っている方へ
カードローンもキャッシングも少しお金が足りない時に便利なものですよね。でも、その2つの違いって意外と知らないって方は多いんじゃないでしょうか?
今回は「カードローンとキャッシングの5つの違い」をお届けいたします。

スポンサーリンク 


カードローンとキャッシングの5つの違い

 

その1:借入限度額の違い


財布の中のカード

キャッシングとカードローン、両方ともお金を借りるときに使うものです。
何を「キャッシング」と呼んで、何を「カードローン」と呼ぶのでしょう?

基本的に「キャッシング」とは、小口融資のことを言います。キャッシングカードやクレジットカードでお金を借り、ATMもしくは口座引き落としで返済するタイプのものです。
クレジットカードに付帯するキャッシング機能が一番身近なキャッシングですね。
借入限度額は数万円から数十万円と少ないことが多いです。最初は小額で、利用履歴が優秀だと枠が増えていきます。

そして、「ローン」は小口から大口融資まで幅広く活用されるものです。
使い方を限定して利息を少なくした「教育ローン」や「住宅ローン」とは違い、「カードローン」は用途を限定しないローンです。
そのかわり用途を限定したローンより利息が高くなります。
主に銀行や消費者金融などが融資する商品が「カードローン」と呼ばれます。
借入限度額は収入に応じて違いますが、カードローンの場合は数百万円まで借りられることが多いです。

 

その2:返済方法が選べるか決まっているか


キャッシングは額が少ないぶん、基本は一括払いの商品が主流でした。最近は一括返済もしくはリボ返済です。
カードローンは基本リボ返済か分割払いのみが多く、長期的に大きな額を借りる人用となっています。

早く残高が無くなった方が利息を払わずに済むので、ちょっと借りるけどすぐ返済出来る見込みの場合はキャッシング一括払いが良いでしょう。
ただ、最近はキャッシングでもリボ払いのみのカードもありますし、ローンでも「初回利用に限って30日間無利息」という商品もあります。そこは上手に見極めつつ使っていきましょう。

 

その3:金利の違い


キャッシングとカードローンの差でもう一つ挙げられるのが「金利の違い」です。
キャッシングは基本的に短期間で返済されることが前提なので、金利は高めです。短い期間なのですから、金利を高めに取らないと利息で儲けが出ません。
ローンは長期で借りることを前提としているので、金利はキャッシングに比べてやや低いのが一般的です。

ただ、その2でも書いたように、金利が高くても早く残高がなくなった方が利息を払わずに済みます。
ローンでも引き落としだけでなく繰り上げ返済できるものもありますし、どちらが利息を払わずに済むのかはあなたの返済方法によって違います。
一概に高いからキャッシングは使わない、ということではなく、返済期間によってどちらを使うか考えましょう。

スポンサーリンク 


その4:すぐ利用できるか否か


ATMアップ

基本的にローンでもキャッシングでも、審査を通ってから借りるものです。
ただ、キャッシングはクレジットカードの機能に付帯しているものが多いです。クレジットカードを持っていればすぐに数万は利用できるのが良いところです。
例えば冠婚葬祭などが重なってお祝い数万円が足りない……なんてときには、わざわざローンの審査を受けなくても持っているクレジットカードのキャッシングで借りられる手軽さがあります。
ただし、何回か利用しないとキャッシングの枠が少ないままの場合がありますし、キャッシング機能が付帯されていないカードもあります。自分が借りたい額をちゃんと借りられるかどうかが重要です。予め自分のカードの限度額を調べておきましょう。

一方、今はカードローンも来店不要・即日融資が可能な時代ですが、基本的にローンは申込や審査が必要です。
けれども、審査に通ればキャッシングよりは借入限度額が多く設定されているので、大きい額を借りたいときにはカードローンが適しているでしょう。

 

その5:商品名の違い


一応「キャッシング」と「カードローン」の違いをこれまで説明してきましたが、実は今、はキャッシングとカードローンの違いって曖昧になっています。
確かに借りる額面によって少ない方がキャッシング・多いのがカードローンという差はあるのですが、返済方法や金利などは結構商品によってバラバラです。
「キャッシングカード」「キャッシング」という名前でも実態はカードローンのこともありますし、その逆でキャッシングという名なのにリボ払いのみの商品もあります。
ただ単に「商品名」としてどちらが聞こえが良いかで「キャッシング」や「カードローン」という名前を付けているという会社も多数あります。
「キャッシングだから一括返済できるでしょ」とか「カードローンだから金利低めよね」とかで判断すると痛い目に遭います。
しっかりと商品名だけでなく商品の内容も確認することが一番大切ですよ!!

 

まとめ


いかがでしたでしょうか?
カードローンとキャッシングの違いを把握するだけでなく、ちゃんと商品ごとの差も吟味して、自分に合う返済が出来る商品を選びましょうね!
今回は「カードローンとキャッシングの5つの違い」をお届けいたしました。最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind