電子マネーを使うとお得になる5つのメリット

電子マネーを使うとお得になる5つのメリット

電子マネーの利用をお考えの方へ
現在は、たくさんの電子マネーがある時代です。電子マネーは、現金に比べてどのように便利なのでしょうか。
今回は、電子マネーの5つのメリットをお届けします。

スポンサーリンク 


電子マネーを使うとお得になる5つのメリット

 

その1:ポイントが貯まってお得です。


電子マネーを使うとお得になる5つのメリット1

電子マネーは、支払い方式では2つのカテゴリに分けることができます。
1つ目は、電子マネーを利用する前にチャージ(入金)して、チャージした金額分のみを使用するタイプで、「プリペイド方式」と呼ばれています。
2つ目は、電子マネーの利用後に登録済みのクレジットカードで支払ったり、指定の銀行口座から引き落とされるタイプで、「ポストペイ方式」と呼ばれています。
そこで、プリペイド方式の電子マネーとポストペイ方式の電子マネー、それぞれの利用でどのようにポイントが貯まるのかを見ていきましょう。

【プリペイド方式】

プリペイド方式の電子マネーを使うと、使った分だけ電子マネーのポイントが貯まります。貯まったポイントは、それぞれの電子マネーにもよりますが、チャージした金額分と同様に電子マネーに換算して使えたり、提携先のポイントに交換したり、電子マネーを運営している会社のショッピングサイトで、現金に代えて使うこと等ができます。
チャージにクレジットカードを使用できる電子マネーもあり、その場合はクレジットカードのポイントと、電子マネー使用分のポイントと、二重にポイントを貯めることができます。

【ポストペイ方式】

ポストペイ方式の電子マネーでは、ほとんどの場合がクレジットカードと紐づけされています。そのため、電子マネーのポイントは、紐づけされているクレジットカードのポイントとして貯めることになります。ただし、電子マネーの使用分が、クレジットカードのポイントにならないカードもありますので、注意が必要です。

 

その2:財布や鞄の中がすっきりします。


電子マネーを使うとお得になる5つのメリット2

電子マネーの多くはカードタイプのものですが、携帯電話にもカードタイプと同じく「Felica(フェリカ)」と呼ばれる非接触のIC技術が内蔵されている場合は、電子マネーを携帯電話で使うことが可能になります。
電子マネーを上手に利用すれば、小銭がいっぱいでお財布が膨れることがなくなります。また、携帯電話の電子マネーを使えば、携帯電話一つだけを持って外出することも可能と言えます。

 

その3:お金の管理がしやすくなります。


電子マネーを使うと現金で生活するよりも、お金の管理がしやすくなる場合があります。

利用する前にチャージが必要なプリペイド方式では、今月使う金額をあらかじめ決めてチャージしておき、電子マネーが利用できる場面では現金を使わないようにすることで、支出の管理をしっかりと行うことができます。
「オートチャージ」と言って、電子マネーの残高が設定された金額を下回ると自動的にチャージされる機能が付いている場合は、チャージのためにお金を下ろす必要がなくなります。また、インターネットからチャージを行える電子マネーがある等、電子マネーはお金の管理がしやすいと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク 


 

その4:買い物がお得になります。


電子マネーを使った買い物では、現金やクレジットカードでの支払いに比べて、お得になることがあります。そこで、代表的な3つのパターンをご紹介します。

【商品代金の割引】

電子マネーで支払うと商品代金が割引になることがあります。
例えば、ガソリン代金の支払いを電子マネーで行うと、1リットルあたりのガソリン代金が数円程度割り引かれる場合があります。

【クーポン券】

電子マネーの運営会社から、クーポン券等の配布や配信があり、それらを店頭で見せると、特典を受けられたり、商品代金が割引になることがあります。
また、クーポンを見せることで、使った電子マネーの一定割合が還元される場合もあります。

【ショップカードのポイント還元率】

電子マネーは、店頭で現金同様に扱われるため、それぞれのお店のポイントカードに加入できることがほとんどです。そのため、プリペイド方式、あるいはポストペイ方式でのポイントの加算に加えて、ショップカードのポイントも貯めることが可能です。
ショップカードのポイント還元率が、クレジットカードを利用した場合よりも、電子マネーを利用した場合の方が高くなることもあります。

 

その5:紛失・盗難時に補償があります。


電子マネーを使うとお得になる5つのメリット3

現金を落とした場合に補償はありませんが、電子マネーでは紛失・盗難時にチャージした金額やポイントが保証される場合があります。

【プリペイド方式】

利用する前にチャージが必要なプリペイド方式の多くでは、電子マネーの利用者情報(氏名や住所、電話番号等)が運営会社に登録されている「記名式」の電子マネーのみ、紛失・盗難の際に、新しいカードや携帯電話にチャージ残高やポイントが引き継がれます。
ただし、紛失・盗難が分かってから、運営会社に届け出るまでの間に使用されてしまったものに関しては補償されませんので、注意が必要です。
「無記名式」の電子マネーには補償がありませんので、必ず登録するようにしましょう。

【ポストペイ方式】

電子マネーの利用後にクレジットカードで支払うポストペイ方式では、紛失・盗難時の扱いはクレジットカードの紛失・盗難に準じ、60日前までさかのぼって補償を受けることができます。

 

あとがき


いかがでしたでしょうか?
電子マネーには、ご紹介した共通のメリットの他にも、それぞれの電子マネーごとにメリットがありますので、ご自身のライフスタイルに合うものを選ぶことが大切です。
今回は、「電子マネーを使うとお得になる5つのメリット」をお届け致しました。最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind