銀行系カードローンの5つの比較ポイント

銀行系カードローンの5つの比較ポイント

銀行系カードローンを利用したいと思っている方へ
銀行のカードローンは総量規制もないですし、年利も安いですし、魅力的な条件がそろっています。銀行系カードローンに申し込むとき、何を基準に選べばよいのでしょう?
今回は「銀行系カードローンの5つの比較ポイント」をお届けいたします。

スポンサーリンク 


銀行系カードローンの5つの比較ポイント

 

その1:自分が審査に通るかどうか


カードローンを利用すると言っても、まずは審査に通らなければ意味がないですよね。
銀行系のカードローンは審査が厳しいというイメージですが、最近はそうでもありません。
専業主婦や年収が低い人でも借りられるローンもあります。
収入の低い人は、まずは自分が借りられる対象か、審査に通るかを調べましょう。

「専業主婦でもOK」と書いてあるようなところは比較的低い収入でも審査が通りやすいです。が、年収の少ない人がいきなり100万を借りるなど言われても審査は通りません。
銀行は総量規制(最大年収の1/3しか借りられない法律)の対象外ですが、返してもらわなかったら困るのは消費者金融と一緒です。
じぶん銀行、イオン銀行、セブン銀行などの流通系の銀行は、主婦や学生も顧客ターゲットのため、審査も通りやすいです。
特に系列のクレジットカードの顧客の場合、普通に返済しているのであれば信用度も高いです。

また「銀行の口座不要」と謳っているカードローンでも、状況がわからない人より、長年口座を持っている銀行の方が比較的審査が通りやすいです。住宅ローンを払っている人は、それだけでカードローンの審査が通る時もあります。
りそな銀行などはキャッシュカードがそのままカードローンのカードになりますし、みずほ銀行はキャッシュカードを持っていれば最短即日融資が可能です。

ご自身の収入、借りたい額を鑑みて、借りやすい銀行をまずは選びましょう。

 

その2:金利は上限金利をチェック


銀行ATM 2

銀行のカードローンは消費者金融より金利が低いのも魅力的ですよね。
お金を借りるときに一番気になるのが金利です。当然低ければ低い方が良いのです。

この時に下限の金利を見がちですが、出来れば上限金利で比べましょう。
下限は年3%くらいのところもありますが、大抵500万オーバーとか800万とか最大限借入れた場合の金利です。
カードローンでそんなに借入が出来る年収の人、少ないと思いませんか?

数十万借入の場合、年利12〜14%くらいのところが多いです。たまに上限金利が低く書いてある銀行もありますが、大抵は「特定の条件を満たした人が入れる特定のプラン」に限られていて、普通は14%くらいというところが多いです。
でかでかと書いてある金利に惑わされず、自分が借入するプランや借入額の金利をちゃんと調べましょう。

そして、銀行によっては口座を持っていたり住宅ローンなど他の商品を扱っている場合はカードローンの金利が少なくなることもあります。
例えば住信SBIネット銀行は、住宅ローン残高がある人や証券口座を持っている人は基準金利より年-0.5%下がります。

また、最初に借り入れるときは30日間無利子という銀行もあります。
短期間しか借入しない時は、そういった銀行を選ぶと良いですね。

 

その3:いつ借り入れできるか


201210121450000

急いで借りたい!とか早急にお金が必要!ってとき、ありますよね。そういうときは「いつ借り入れできるか」も比較対象になります。
今は消費者金融と提携して審査を行っている銀行カードローンが多いので、審査はスピーディーです。
大手だと、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、新生銀行カードローン(レイク)などは、銀行口座なしで即日融資に対応しています。
みずほ銀行のように、口座をもともと持っている人には最短即日融資可能なところもあります。

あとはネット銀行などWebで申込みが出来る銀行に即日融資可能なところが多いです。
もちろん休日とか夜中に申し込んでの即日融資は難しいですが、会社への在籍確認とかがスムーズに出来る時間帯であれば、早い段階での融資OKと言う会社がたくさんあります。

スポンサーリンク 


その4:返済方式


返済方式、ちゃんと調べたことはありますか?
カードローンは大抵一括ではなく「残高スライドリボルビング方式」が多いです。リボルビング払いは「毎月同額(又は同率)を返済する支払方法」というのはわかりますよね。
では、「残高スライド方式」とはなんでしょう?
残高スライド方式は、借入残高に応じて返済額や返済率が変動する方式のことです。借入残高が多いほど返すお金は多くなります。
ひとえに残高スライドリボルビング方式と言っても、下記の種類があります。

 

表:残高スライド方式の表

定額方式

(借入残高により返済定額が変わる)

定率方式

(借入残高により返済定率が変わる)

元利方式

(支払額に利息も含まれる)

残高スライド元利定額方式

残高スライド元利定率方式

借入残高により段階的に決められた金額を毎月返済する。返済額の中に利息が含まれ元金が減りにくい。

借入残高に利息を加えた金額に定率をかけた金額を支払う。支払額に利息が含まれている。

例:10万までは5000円を毎月返済

例:10万までは借入額の5%を返済

  10万以上50万までは1万円を返済

  10万以上50万までは8%を返済

  返済額の中に利息が含まれる

  返済額の中に利息が含まれる

元金方式

(元金+利息を支払う)

残高スライド元金定額方式

残高スライド元金定率方式

借入残高により段階的に決められた返済元金に利息を加えた額を支払う。

借入残高に定率をかけた額に利息を加えて支払う。

例:10万までは5000円+利息を毎月返済

例:10万までは借入額の5%+利息を返済

  10万以上50万までは1万円+利息を返済

  10万以上50万までは8%+利息を返済

 

カードローンの返済方式で多いのは「残高スライド元利定額リボルビング方式」です。
利息も返済額に含まれているので、元金方式よりも借入残高が減らないというデメリットがあります。
定率方式は残高の何パーセントかを返す方式なので、月々の返済額は残高が少なくなるほど減りますが、返済が遅くなるデメリットがあります。
当たり前ですが、残高が減った方が早く返し終わりますし、無駄な利息を払わずに済みます。
お金が貯まったら一括で返せるようなカードローンがあると、無駄な利息を払わずに済みますよ!

 

その5:繰り上げ返済はどの方法で出来るか


月々の返済の他に、お金がある時に少しずつ返済して借入残高を減らせば、余計な利息を払わずに済みます。
普段は引き落としなどで返済しているので意外と盲点なのですが、返すのにいちいち銀行ATMまで行くのって面倒なワケです。

今は口座さえもっていればWebで返済可能な銀行も多いので、忙しい方はWeb返済できる銀行で借りましょう!手数料無料の銀行も多いですし、スマホやPCから返済できるのって、とっても便利ですよ!
webではなくても、たくさんATMがあったり、自分の行動範囲内にATMがある銀行も返しやすいですよね。
自分のライフスタイルに合った返済の方法を考えましょうね♪

 

まとめ


いかがでしたでしょうか?
あまり考えずに申し込みをしてしまうと、高い利息を払ったり返すのに時間がかかったりしてしまいます。しっかり下調べしてから自分に合う銀行を見つけましょう。
今回は「銀行系カードローンの5つの比較ポイント」をお届けいたしました。最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind