財テクにおいて「株」がおススメな 9つの理由

財テクにおいて「株」がおススメな 9つの理由

「財テク」について勉強したい方へ
今回は株が財テクにおすすめな9つの理由をお届けします。

スポンサーリンク 


財テクにおいて「株」がおススメな 9つの理由

今銀行の金利は何%でしょう?
どんなに良い金融商品でも、1%前後ではないかと思います。1%とは、100万円預けて、年1万円の利息。しかも、税金で20%引かれるので8千円です。これではとても資産を増やす事なんか、出来ません。

その昔、銀行でも10%程度の金利があったそうです。100万円で、年10万円の利息。しかも「元本保証」!10年預けておけば「元本が2倍になっていた」のです!

今の時代の「財テク」は、「元本保証」では、ありません。でも、年10%とは行かないまでも、5%くらいの運用が出来ていれば、「財テクしている」と、胸を張って言えるのではないか?と、思います。

 

① 「株は、怖い!」という人の特徴。


さて「財テク」と言えば、皆さんは「株」と言う人が多いと思います。でも大半の人は「株は、怖い。」と言います。それは「値下がりする」という「リスク」があるからでしょう。

また「株で儲けた!」という話を、あまり聞かないからかもしれません。そりゃ、そうでしょう!「宝くじ」にしろ「競馬」にしろ、「当たった!(儲けた!)」と言ったら、即座に「おごってくれ!」という人が、何人も出てくるからです!

 

② 「株で負ける」理由。


なぜ「株で負ける」のでしょう?それは、証券マンの言う事が、アテにならないからです。証券マンには「ノルマ」があります。それは「株をどれだけ買ってもらったか」という「売り上げ」に終始します。証券マンは、いろんな会社の情報をまとめ、自分の「勘」で、上がる根拠のない「株」を買ってもらうよう勧誘します。

そして、証券マンは「この「株」は、買い時ですよ!」とは、言いますが、決して「この株は、下がります。売って下さい!」とは、言いません。そうすると「売り時」を逃してしまうので 結果的に「負ける」のです。(「株」は、売らなければ「お金(利益)」には、ならないのです!)「株」が上がるか?下がるか?そんな事は誰にも解りません!

 

③ では、なぜ「財テク」と言えば「株」なの?


それは「自分で運用している感」が、あるからです。「預けっ放し(ほったらかし)」でない所が、「テクニック」なんでしょう!

 

④ 「証券マン」なくとも「株」が出来る!


今は「インターネット取引」がありますので、証券マンの「雑音」は入ってきません。「会社の業績」も「株価のチャート」も、「スマフォ」等で自由に見れます。

つまり「自己判断」で、「自由に売買」できるのです!自分で「売りだ!」と感じたら、即座に「自分で」売れるのです。

スポンサーリンク 


 

⑤ 「株」には「配当金」がある。


それに、株には「配当金」があります。「配当利率の良い会社」の場合、2%は確実に超えます。例えば「平和(パチンコ製造)」の場合、約25万円程度の投資で、年間8千円の「配当金」が出ます。利率にして約3%銀行の金融商品で、こんなに良い利率のモノがあるでしょうか?

 

⑥ さらに「株」には「株主優待」という制度があります。


「株主優待」というのは、株主さまに対し、その企業の「ギフトセット」や、そのクループ企業で使える「金券」「割引券」などが、「配当金」と共に送られてきます。「鉄道会社」の場合、その鉄道線が乗り放題の「株主優待キップ」のほか、沿線施設(遊園地、ホテル、百貨店など)の割引券が送られてきます。不要の場合は「金券ショップ」などに、売ることが出来ます。

例えば、鉄道会社「近鉄」の場合、「株主優待キップ」が年間8枚のほか、遊園地・近鉄百貨店・都ホテルグループの宿泊・食事の割引券などのセットが、年2回送られてきます。これらを全て「金券ショップ」で売却すると、1万円を超えます。配当金は、年5千円です。30万円程度の投資で、1万5千円!(年利5%)

これは大きいです。

 

⑦ でも「株」って下がるのでは?


もちろん「株」というのは、下がる事もあります。でも優待を受けながら長期保存することで、元は取れるようになります。その間に「株」が上昇することだってあるのです。

 

⑧  倒産すれば「株」は「紙クズ」になる?


その通りです。「倒産」「吸収合併」の情報は、一切「投資家」には知らされません。(知っていたら、「インサイダー取引」になります。)しかし会社が傾いてきたら、まず「配当金」が、無くなります。そして「株主優待」も、無くなります。こうなってくると、その会社に余程の「思い入れ」がない限りとっとと「売り」ましょう!

 

⑨  「株」はどんな賭け事よりも負けが少ない「ギャンブル」です。


「ギャンブル」をやる方は、勝つために、いろいろ研究しますよね。私も負けたくないから「企業研究」のために、新聞の「経済欄」を、読むようになりました。

そして『負けない「株」の運用法』を、見出しました!儲けた時の「ウハウハ感!」は、そりゃ、もうたまりませんワナ~!(「ギャンブル」をやった事がある方は、言わずもがな。ですよネ!)

「株」をやる事で、日本が見える!? 積極的に「株」をやりましょう!

 

あとがき


いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?
ご質問・ご意見、何でも伺いますので、サイトの方(?)へ、お願いします。
(緊急性のあるモノから、回答させて戴きます。)

それでは、皆さんの「財テク生活」に、幸あれ…

以上財テクにおいて「株」がおススメな 9つの理由をお届けしました。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind