楽天カード VS Yahoo!JAPANカード VS  Amazonカード

楽天カード VS Yahoo!JAPANカード VS Amazonカード

大手通販サイトのクレジットカードをお得に選びたい方へ
この記事を読もうと思った方は、ほぼネット通販を利用したことがある方々じゃないでしょうか。便利なネット通販はたくさんありますが、便利なクレジットカードってどれなの?と思った方必見です!
今回は「楽天カード VS Yahoo!JAPANカード VS Amazonカード」をお届けいたします。
スポンサーリンク 


楽天カード VS Yahoo!JAPANカード VS Amazonカード

 

その1:ポイント還元率は通常ならYahoo!JAPANカード、楽天も特典ポイントが多し


カードと数字

まずは提携店以外の通常の還元率で各カードを比較してみましょう。
楽天もYahoo!JAPANカードもAmazonカードも還元率1%です。ここは皆同じですね。
では、それぞれのサイトで買い物をしたときはどうか。
楽天は2%以上、Yahoo!JAPANは常時3%、Amazonは1.5%です。
こう見るとYahoo!JAPANカードが一歩リードしていますね。

けれども他のカードも侮るなかれ!
Amazonは現時点で還元率1.5%と一歩出遅れていますが、以前より使いやすく改良されていますし、伸び幅は一番あるカードかもしれません。
Amazonでの買い物ならポイントがすぐについて、すぐに使えるのも優秀です。

カード会員特典のキャンぺーンは楽天が一番多いです。
Yahoo!JAPANカードもAmazonカードもポイントがお得になるキャンペーンはしょっちゅうありますが、カード会員専用と言うより、買い物客全員にというパターンが今のところ多くなっています。
楽天の場合、専用のカードアプリをダウンロードしてポイントがついたり、カード決済や家族カード入会の時にプラスのポイントがもらえたり、コアなユーザーほどポイントがたまるランク特典を作ったりと、カード会員にお得なキャンペーンをたくさんしています。

もちろん還元率関係なく、どんなカードでも「一番利用する」お店のカードを作るのが、カード作成時の大原則です。
どんなに特典があったとしても、使わなければ還元されませんからね。
どのサイトもキャンペーンでポイント5倍など、おいしいキャンペーンはたくさんありますので、情報を逃さず狙って買い物するのがポイントですよ♪
ただし、キャンペーンやバーゲンの文字に踊らされて、買い物しすぎにはご用心です。

表:楽天カード/Yahoo!JAPANカード/Amazonカード比較

通常のカード

楽天カード

Yahoo!JAPANカード

Amazonカード

SHOPサイト利用時

ポイント還元率

2.0%

3.0%

1.5%

通常ポイント還元率

1%

1%

1%

年会費

無料

無料

初年度無料

次年度より1,350円

(1回以上の利用で無料)

国際ブランド

VISA/MasterCard/JCB

VISA/MasterCard/JCB

MasterCard

ショッピング補償

商品未着安心制度

ショッピング補償有

有料でプラチナ補償

有(最高100万円)

旅行保険

海外のみ付帯

なし

なし

その他特典

各加盟店でポイント3倍

Tポイントカード機能搭載

なし

 

その2:ポイントの汎用性はYahoo!JAPANカードがダントツ一位!


次はどんな種類のポイントがたまるか比較してみましょう。
Yahoo!JAPANカードはTポイントカードが貯まります。
Tポイントといったらコンビニやスーパーなどの日常的な場所で、あちこちに加盟店がありますよね。Tポイントカードとしての機能もあるので、通常の現金の買い物でもポイントが貯まります。
楽天は楽天スーパーポイントです。ネットショッピング以外でもポイントが貯まる加盟店を最近増やしていますが、まだまだTポイントには叶わない状態です。
AmazonはAmazonの買い物でしか使えません。今後他のポイントとの交換などが検討されるかもしれませんが、現時点ではAmazonのユーザーにしかお勧めできません。

ポイントだけでなく、Yahoo!JAPANカードと楽天は国際ブランドも3大ブランド(VISA,MasterCard,JCB)から選べるのも魅力的です。AmazonはMasterCardのみです。
ネットショッピングが主な人はAmazon、ネットショッピングが主で近くに楽天ポイントの加盟店が多い方は楽天カード、メインカードとして日常的な買い物にも使う方はYahoo!JAPANカードがおススメです。

 

その3:入会特典は楽天カードが一歩リード


入会費や入会特典など、入会時のお得さはどのカードが一番お得でしょう?
Yahoo!JAPANカードと楽天カードは入会費・年会費が無料です。
Amazonは、一応年会費が設定されていますが、初年度は無料ですし、次年度以降もどちらも年一度使えば無料になるので年会費は無料と一緒の状態です。

では、入会特典を比較してみます。
ここ数年の流れを見ると、楽天が5,000〜8,000ポイントのキャンペーンを良く行うことがあり、一番入会特典が多いです。
ただし、キャンペーン登録の為の諸手続きが必要な場合もありますし、一定期間内に買い物をすることが条件だったり期間限定ポイントも含まれるので、キャンペーンの内容をちゃんとチェックしてから入会することをお勧めします。
Yahoo!JAPANカードは5,000〜7,000ポイントですが、楽天同様一部は「期間固定Tポイント」です。
アマゾンは無条件で2,000円相当のポイントがつくキャンペーンがメインです。
キャンペーン内容は常に変わりますので、内容を吟味したうえで入会しましょう。

スポンサーリンク 


 

その4:システムが分かりやすいのはAmazon


迷う女性

楽天はポイントキャンペーンなどが多いものの、期間限定ポイントがあったり、予め登録が必要だったりと、解りづらくてポイントを使いそびれてしまうこともあります。ポイントが失効してしまうからと要らないものを買ってしまったり無駄遣いなどしてしまいがちです。
Yahoo!JAPANはTポイントなのでポイントを使いそびれるというパターンは少ないものの、楽天同様に期間固定のTポイントがあります。

その点Amazonはそういった複雑な要素がありません。通常の買い物なら1か月に一度、Amazon内の買い物であれば買ったら自動的にポイントがついてくれるという優れモノです。
煩雑なポイント交換の手続も必要ないので、ネットショッピングはAmazonメインだよという方は一枚サブカードとしてAmazon決済専用に持つのが賢い使い方です。

 

その5:ゴールドカードはハードユーザーにのみおすすめ


楽天とAmazonにはゴールドカードがあり、通常のカードにはついていない旅行の付帯保険などがついています。
そして、どちらのカードにも言えることが、それぞれのサイトでショッピングするとポイントがつきやすくなることと、ショッピング保障が充実していることです。
年会費もかかるのでライトユーザーにはおすすめしませんが、しょっちゅう楽天やAmazonで買い物をするハードユーザーにはおススメです。

通常カードもゴールドカードも、カードの特長をひとまとめにしてみました。

ゴールドカード

楽天ゴールド

Amazonゴールド

サイト利用時

ポイント還元率

2.0%

2.0%

通常ポイント還元率

1%

1%

年会費

10,800円(税込)

10,800円

(利用状況により割引有)

ショッピング補償

最高300万円

最高300万円

旅行保険

国内・海外共に付帯

国内・海外共に付帯

その他特典

・ 空港ラウンジサービス

・ 生命保険無料プレゼント

・ 誕生月はポイント3%

・ 空港ラウンジサービス

・ 本10%Amazonポイント

・ Amazonプライム無料

パッと見た感じAmazonが劣勢ですが、Amazonユーザーにとってはとても使いやすく、サブカードで持つのも一つの手です。ネットショッピングならAmazon!という方におすすめです。
メインのカードとして利用するならYahoo!JAPANカードが優勢、Amazon同様に楽天でのショッピングがメインなら楽天です。
何度も言うようにポイントがつきやすくてもポイントを無駄にしてしまったり、ポイントを使うために無駄な買い物をしてしまっては意味がありません。
この表を参考に、自分に合ったカードを選んでくださいね♪

 

あとがき


いかがでしたでしょうか?
クレジットカードをつくるときは、自分のお金の使い方を客観的に見る良い機会でもあります。もしこれからどれかのカードをつくろうと考えている方は、自分のお金の使い方の方向性をしっかり決めて、カードの特性を最大限に利用して賢く使いましょう。
以上「楽天カード VS Yahoo!JAPANカード VS Amazonカード」をお届けいたしました。最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind