アマゾンクレジットカードの5つの魅力

アマゾンクレジットカードの5つの魅力

いつもアマゾンで買い物しているよーという方へ
Amazonの便利さは魅力的ですよね。いつもクレジットカードを使ってアマゾンで買い物をしているよーという方は、クレジットカードもアマゾンに切り替えた方がお得なことがたくさんあります♪
今回はアマゾンクレジットカードの5つの魅力をご紹介いたします。

スポンサーリンク 


アマゾンクレジットカードの5つの魅力

 

その1:Amazonのショッピングで、1.5%還元。Amazon以外の利用も1%還元。


アマゾンPC画面

クレジットカードと言えばポイントですよね!カードを選ぶ時、まず還元率を確認する方も多いのではないでしょうか。
アマゾンのクレジットカード【Amazon MasterCardクラシック】の還元率は、通常の買い物で1%、アマゾンの買い物では1.5%です。
【Amazon MasterCardゴールド】の場合、年会費はかかりますが、アマゾンでの買い物の還元率はなんと2%!
提携店で還元率が良くなるクレジットカードはたくさんありますが、通常の買い物をするときの還元率は0.5%くらいを設定しているカードが多いので、その点でアマゾンのクレジットカードはかなり優秀なカードです。
習い事の月謝や公共料金など、月払いのモノをクレジットカードで支払している方は、今のクレジットカードの還元率を確認してみてください。もし還元率がそんなに良くないカードを使っているなら、アマゾンクレジットカードに切り替えた方がお得です。

そして、ポイントの有効期限は【最終利用日から1年】なので、よくアマゾンで買い物をしている人にとっては実質無期限ポイントです。

表:通常カードとゴールドカード比較

Amazon MasterCard クラシック

Amazon MasterCard ゴールド

Amazon利用時

ポイント還元率

1.5%

2.0%

通常ポイント還元率

1%

1%

年会費

初年度無料

次年度より1,350

(1回以上の利用で無料)

10,800

(利用状況により割引有)

ショッピング補償

最高100万円

最高300万円

旅行保険

なし

死亡時最大5000万円

その他特典

なし

空港ラウンジサービス

10%Amazonポイント還元

Amazon Student会員限定の特典

その2:ポイントはダイレクトに加算されるので、面倒な交換手続が不要です


アマゾンカードのポイントの優れたところは、使った分のポイントがアマゾンのアカウントに自動的に加算されるというところ。面倒な手続がいりません。
アマゾンで買い物をすると、商品発送後にすぐ1ポイント単位でアマゾンポイントを加算してくれますし、通常の利用でも月に一度1ポイント単位でアカウントに加算されます。
以前はある程度ポイントを貯めないと加算されませんでしたが、1ポイントごとに加算してくれるようになったためすごく便利になりました!
強いて欠点を挙げるとすれば、ポイントは「アマゾンポイント=アマゾンでの買い物」しか利用できないということです。いつもアマゾンで買い物をしている人なら、まったく問題のないことですよね。

入会時にキャンペーンをやっているときは、入会するだけで数千円分のポイントがつくことがあるので、キャンペーン中はカードに入会して1度買いものをするだけでもお得ですね♪

 

その3:初年度会費無料。一回でもカードを使えば次年度からも無料


アマゾンのカードは年会費がかかるカードです。年会費は1350円(2016年1月現在)です。
が、初年度は無料、そしてカードを1回でも使えば次年度からも無料なので、アマゾンでカード払いをしている人は実質無料みたいなものです。
Amazon MasterCardゴールドの方は、年会費が10,800円かかります。が、アマゾンプライム会員の年会費3,900円が無料になるのと「WEB明細書サービス」で年会費1,080円の割引があるので、実質の年会費は5,000円程度。
さらに、後ほど詳しく書きますが、使い方によっては年会費が半額になることも!
他の会社のゴールドカード同様、旅行の保険付帯や空港のラウンジサービスなどが利用できるので、アマゾンのヘビーユーザーでゴールドカードの特典が欲しい方はゴールドカードがお得です。

スポンサーリンク 


 

その4:「即時審査サービス」で、登録した日からAmazonでの買物に使える!


アマゾンの箱

アマゾンのカードは、「即時審査サービス」があります。
9時〜19時の間にネットで申し込むと、正式なクレジットカード発行までの間「Amazonテンポラリーカード」という仮カードが即時に発行され、その日のアマゾンの買い物にすぐ使えます。
「満20歳以上で支払銀行口座の設定ができる人」という条件はありますが、買いたいものがある時にすぐ仮カードが使えるのは、ポイントも無駄にならずに嬉しい限りです。
正式なカード発行も迅速で、入会キャンペーンのボーナスも正式なカード発行後に自動ですぐつくという使い勝手の良いカードです。

 

その5:ヘビーユーザーはゴールドカードがお得な場合も


その3でゴールドカードには年会費がかかることを書きました。
年会費10,800円を2%のポイントで還元しようとすると、アマゾンで年54万円分の買い物をしなければなりません。無料のクラシックカードで54万円分の買い物をしたら1.5%還元されて逆に8,100円分のポイントが付与されるわけですから、クラシックの方がお得な感じがしますよね。
実際、たまにAmazonで買い物するよ〜というくらいのライトユーザーには、ゴールドカードにする旨味がほとんどありません。でも、ヘビーユーザーの場合、使い方によってはゴールドの方がお得な場合もあるのです。

まず、ゴールドカードの年会費はリボ登録で半額になるんです。
「マイ・ペイすリボ」に登録して年1回以上買いものをすれば、年会費が半額の5,400円になります。
「おいおい!リボ払いに設定したら利息が高いだろ!」ってツッコミを入れた方。この「マイ・ペイずリボ」は、完全にリボ払いになるわけではありません。自分が設定した「毎月の支払」の金額を越えたら自動的にリボ払いになるシステムなんです。
つまり、「毎月の支払額」元々高く設定していれば、リボ払いになること無く一括払いのままで使えるというワケです。

後は先ほど書いた「WEB明細書サービス」を利用すれば1,080円の割引がさらにつき、Amazonプライムの年会費3,900円がマイナスになるので、実質の年会費は【5,400−1,080−3,900=420円】です。
年420円分のポイントなら、アマゾンで21,000円分買い物をしたら元が取れます。その後は2%の還元率でポイントがついていくので、元々Amazonプライムを使っているようなヘビーユーザーの方には、ゴールドカードの方がお得!ということになります。

どちらがいいか悩んだ方、アマゾンクラシックとゴールドの違いを表にしたので、参考にしてください【表】

 

あとがき


いかがでしたでしょうか?
アマゾンで買い物する時だけに使うのもアリ、ヘビーユーザーになってがっつり使うもアリ。自分の使い方に合わせられるのがアマゾンのクレジットカードの魅力です。悩んでいる方は一度使ってみてはいかがでしょう?
今回は「アマゾンクレジットカードの5つの魅力」をお届けいたしました。最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind