ネットで稼ぐための7つの方法

ネットで稼ぐための7つの方法

ネットで稼ごうと考えている方へ
ネットは知識がなくとも小遣い稼ぎ程度ならば誰でもお金を稼ぐことができます。ネットでの稼ぎ方にはどのようなものがあるのでしょう?
今回は「ネットで稼ぐための7つの方法」をお届けいたします。
スポンサーリンク 


 

ネットで稼ぐための7つの方法

 

その1:ポイントで稼ぐ


PCとスマホ

最初はお小遣い程度に稼げる方法を紹介します。
ネットでのお金稼ぎをやったことのない人は、まず「ネットで稼ぐ」ことに慣れるのが必要です。
もうすでにこの辺は熟知してるよとか、もっと一発当てたい!って人は飛ばしちゃってください。

PCでもスマホでも、独自のポイントサイトを運営している会社があります。アンケートに答えたり広告を見たりしてポイントを貯め、ポイントが貯まると現金(または商品)と換えてくれるサイトです。
「変な会社に登録したら怖いんじゃない?」なんて思いますが……そうです。実際に悪質な会社や危ないサイトもあります。
運営が10年以上のサイトや、登録数が多いサイト、評判の良いサイトは比較的安心といえるでしょう。
けれども、「ポイントの期限が短い」とか「たくさんポイントを貯めないと換金できない」サイトは要注意! ポイントが貯まっても換金するまでに有効期限が切れることが多いので、あまり良いサイトとは言えません。

こういうポイントサイトに登録するのが怖いなーと思うのであれば、Tポイントやクレジットカード会社のポイントを地道に貯めるのがおすすめ!
アンケートで貯めたり、専用サイトにアクセスしてゲームをして貯めたり、ポイントは色々な方法で貯められます。
非常に地味な作業で、一回につき1ポイントとかしか貯まりませんが、塵も積もれば山となるです。

ポイントで稼ぐ方法は、知識も特に必要ないですし、毎日継続しなくても思い出した時や暇なときにちょこちょこっとできるのが魅力です。

 

その2:クラウドソーシングで稼ぐ


真面目にコツコツやりたい方は、クラウドソーシングを紹介する会社のホームページを見てみましょう。
商品の感想やアンケートなどの簡単な作業から、イラスト・翻訳・システム開発などの専門的な分野まで幅広く募集しています。
報酬の10%〜20%くらい紹介会社に支払う必要がありますが、報酬の未払いなどのトラブルに対応してくれる安心料だと思えば安いものです。

そのかわり、仕事なのですから納期は絶対です!
発注側と受注側に信頼関係があって初めて成り立つので、合わないからとか子供が熱を出したからやーめた、となると、あなたの評価が低くなり仕事が来なくなります。
真面目にコツコツ、という方は、クラウドソーシングで稼ぐのが確実でしょう。

 

その3:アフィリエイトで稼ぐ


ライター ブロガー

自分のウェブサイトやブログに広告を貼り、閲覧者がクリックした数でお金がもらえる「アフィリエイト」。
よく聞くけれども本当に稼げるの?って思いますよね。
ただブログに広告を貼り付けるだけなら、せいぜい月数千円くらいで終わります。
まずブログをつくらないと始まらないし、ブログに人が集まらないとクリックしてもらえないし、ちゃんと稼げるようになるにはかなり地道な作業を必要とします。

地味に稼ぐなら「自己アフィリエイト」という方法があります。
自分で広告をクリックして商品を購入したり資料請求したりしてお金を稼ぐ方法です。マメにやっていれば、月にお小遣い程度は稼げます。

アフィリエイトでも上級者におすすめなのが「情報商材紹介アフィリエイト」。
指定の商材を自分のブログで紹介して稼ぐ方法です。
適当にブログ立ち上げているだけでは商品は売れないし、文章力が必要です。閲覧数を上げるため、ブログの検索ランキングやSEOなどの知識も必要になります。
が、売上に対する額は断然こちらの方が上です。
スポンサーリンク 


 

その4:電子書籍で稼ぐ


sumaho

何かのノウハウを紹介したい!とか、小説やエッセイを書くのが趣味!なんて人は、電子書籍を出す方法もあります。
「KDP(Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング)」「パブー」など、電子書籍を出す場所はいくつかあります。

趣味で書いたものが誰か一人でも買ってくれれば自分の懐にお金が入るわけです。
小売価格が1冊200円だとして、35%作者に入るなら70円。30冊売れれば2100円。
素人が印税で暮らすのは夢のまた夢ですが、数十冊くらいなら売れるかも?って思いませんか?
一昔前に「ケータイ小説」なんて流行っていましたが、自分が書いたものが簡単に世に出せるというだけでも楽しいですよね。

 

その5:せどりで稼ぐ


店舗の処分品やネットでの中古品などから掘り出し物を安く仕入れて、アマゾンなどのECサイトやオークションサイトで高く売ることを「せどり」と呼びます。
まぁ、ぶっちゃけ言ってしまえば「転売」です。
目利きの能力と売る労力さえあれば、誰にでもできます。が、その「目利き」の能力がなかなかないのが実情です。
ネットでも店舗でもいろいろなところを見て回る根気良さが必要になりますし、売値も高値にすると売れずに在庫を抱えることになります。

ちなみにコンサートチケットもよく高値で売られているのを見ますが、転売目的でのチケット購入は 各都道府県の迷惑防止条例に違反しますのでやめましょうね。
売れ筋のチケットは、今の時代本人確認が必要だったり、チケットに名前が入ったりしますしね。

 

その6:ネットショップで稼ぐ


ハンドメイド作品など、自分で何かを作ることができるのであればネットショップを立ち上げて自分で売る!というのがおすすめ。
趣味で利益を得られるという、とても夢のような話ですよね。

安全で簡単な方法としては楽天などのECサイトを利用してショップを開く方法です。
顧客は呼び込めますが、毎月2万円程の出店料金や売り上げに応じての手数料の支払いがあるので、売れる確証がないと難しいですよね。
自分でショップサイトを立ち上げる方法もあります。
こちらは費用が安い分、自分で集客しなければなりません。
SNSで呼びかけたりSEO対策を打ったりショッピングカートの機能をつけたりと、ネットショップの知識と根気が必要です。

 

その7:LINEで稼ぐ


例えばLINEスタンプを製作するのも、今ネットでやり方も簡単なツールもDL出来ますし、絵が得意な人でもそうじゃない人でもアイデア次第で稼げます。
LINEアフィリエイトを使って友達に商品などを紹介して稼ぐ方法もあります。自分にも儲けが入るし、友達も割引料金で利用できてWINWINなのが良いところです。
上級者なら「LINE@」。企業の公式LINEアカウントみたいなものを、個人で作成できるんです。
情報商材を取り扱ったり、アフィリでCMしているアプリの招待コードを送ったりなどなど、いろいろな方法で使うことができます。

たまに「LINEで100万円稼ぐ!」とか怪しげな広告にぶち当たることがあります。
こういうのははっきり言っておすすめしません。ネットワークビジネスで末端の役をやるだけだったり、詐欺だったりします。
本当に楽に稼げる方法があるならば、ふつう人に薦めませんよね。
正攻法で地道に稼ぐのが一番ですよ!

 

あとがき


いかがでしたでしょうか?
ネットで稼ぐにはとにかく「マメさ」が必要です。マメに出来るには楽しくなくてはなりません。自分に合う方法を探して毎日楽しくお金稼ぎをしちゃいましょう♪
今回は「ネットで稼ぐための7つの方法」をお届けいたしました。最後までお読み頂きありがとうございます。
スポンサーリンク 


Speak Your Mind