任意整理でクレジットカードのローンを返却した方がいい7つの理由

任意整理でクレジットカードのローンを返却した方がいい7つの理由

クレジットカードのローンに苦しんでいる方へ
クレジットカードの返済の為にまたお金を借りてしまう自転車操業から脱却しようと思っても、どうすればいいかわからない人も多いのではないでしょうか?
今回は任意整理でクレジットカードのローンを返却した方がいい7つの理由をお届けいたします。

スポンサーリンク 


任意整理でクレジットカードのローンを返却した方がいい7つの理由

 

目次

  • 任意整理は自己破産とは違います。ペナルティは軽くて済みます。
  • プロに頼むと過払い金の返還などで実質の返済額は減ります。
  • 弁護士費用も計画的に分割支払することが可能です。
  • 借金額が低めの任意整理の場合は司法書士にもお願いできます。司法書士の場合料金が割安です。
  • 法テラスを利用すると気軽に相談できますし、弁護士費用の立替制度などもあります。
  • 任意整理後もデビットカードなら使えます!クレジットカードも5〜7年経てば作れます。
  • 返済期間中は借金が出来ないので、借金に苦しむことがない!

 

その1:任意整理は自己破産とは違います。ペナルティは軽くて済みます。


まず、任意整理をお勧めする前に、「任意整理」とはなにかということをご説明します。
任意整理は「債務整理」のうちの一つの方法です。債務整理は大きく分けて3種類あります。「任意整理」と「自己破産」と「民事再生」です。

返済額

返済期間

申し立て

住宅ローン

任意整理

全額

(利子の免除等あり)

5年以内

債権者と

債務者の

話し合い

そのまま

民事再生

主に1/5

3年~5年

裁判所

そのまま

自己破産

免除

免除

裁判所

住宅没収

 表1:債務整理の主な違い

 

【任意整理】

債権者と債務者との間に司法書士や弁護士が入り、双方の合意のもと5年以内の返済計画で返済を行う。

【民事再生】

裁判所が3年〜5年以内の返済計画を決める。返済額は1/5程度に軽減。

【自己破産】

借金はなくなるが、財産(車や持家など)が没収され、官報で公示される。

任意整理が他の二つと大きく違うところは、任意整理が裁判所を通さずに借金を全額返済するのに対し、民事再生や自己破産は裁判所を通して借金を減額もしくは免除するところです。
自己破産や民事再生は借金が減額や免除される分手続も複雑で、免責が不許可になる場合もあります。そしてペナルティもあります。例えば自己破産の場合は財産が没収されて市町村が発行する身分証明書にその内容が記載されてしまいます。記載されるとどうなるかというと、例えば弁護士や警備員など一定の職業に就けなくなります。
その分任意整理は全額返済するので財産を没収されることもなく、日常の生活を送りながら借金の返済ができるのです。

 

その2:プロに頼むと過払い金の返還などで実質の返済額は減ります。


プリント

任意整理が個人的に出来るかというと、大抵のクレジット会社は弁護士や司法書士を通さないと相手にしてくれません。
弁護士に頼むと費用がかさむから頼めない……そんな風に思っている方もいるかもしれませんが、プロが間に入ると過払い金の返還や利子の免除などをしてもらえて実質借金は減額になります。
利子が減額になったり免除になったりすると、月々の返済で元金に回せる額が多くなり、元金がどんどん減っていきます。

例えば100万の借金があり年利が15%の場合、単純に計算すると年に15万の利息を支払っています(実際は元金が減ったり増えたりしているので、この額はあくまでも単純計算です)。
長い間信販系や消費者金融系のカードで借りたり返したりを繰り返している方の場合、グレーゾーンの年利で支払っている可能性が多いです。法律で定められた年利より多く利子を支払っていた場合は過払い金の請求が可能ですし、そういった利子や過払い金の返還を元金や弁護士費用に充てることができます。

 

その3:弁護士費用も計画的に分割支払することが可能です。


弁護士や司法書士の費用ですが、もちろんそれぞれに額は違います。一般的な額は以下の通りです。
弁護士・司法書士に依頼した場合、初回の相談費用は無料にしている弁護士・司法書士事務所が多いです。2回目以降は30分5000円前後です。
任意整理にかかる代金は、債権者1社につき着手金4万円、交渉が成功して利息が戻ってきた場合はその20%程度になります。

借金の額に寄りますが、弁護士費用は数十万です。払えないと思うでしょうけれども、債務整理中は司法書士や弁護士さんも債務者の懐事情が分かっています。自分が月々に支払える返済額と一緒に司法書士への費用をどのように支払えばいいか相談できるので、計画的に支払うことが可能です。
借金を返済するためにまたお金を借りなくてはいけないことやその利子を考えれば、プロに頼むのが借金返済の近道です。

借金額

訴訟代理権

代金

司法書士

総額140万以下

簡易裁判所のみ

割安

弁護士

規定なし

規定なし

割高

 

スポンサーリンク 


 

その4:借金額が低めの任意整理の場合は司法書士にもお願いできます。司法書士の場合料金が割安です。


民事再生や自己破産と違い、任意整理は司法書士にお願いすることが可能です。例えば一例ですが、着手金1社2万円、減額成功報酬16%などです。
司法書士のほうが弁護士よりも費用は安めですが、司法書士は債務の上限が総額140万円以下になります。

弁護士は集団訴訟や慰謝料等の請求の訴訟上のテクニックを行使できるのに対し、司法書士は簡易裁判所しか訴訟代理権を持っていません。しかし、闇金などに手を付けておらず140万以下のクレジットカードのローンを返済する場合は、弁護士と同じ交渉権を持つ司法書士がお得です。

 

その5:法テラスを利用すると気軽に相談できますし、弁護士費用の立替制度などもあります。


債務整理を行うということは、弁護士費用を持っている人はほぼいないと思います。そしてどの弁護士に頼めばいいか分からない方も多いかと思います。
任意整理を行いたいけれどもどうすればよいか分からないという方には、「法テラス」という国が設立した公的機関があります。名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?
相談は予約制で無料で、内容によって弁護士を紹介してくれます。そして弁護士費用を立て替えてくれる制度もあります。

 

その6:任意整理後もデビットカードなら使えます!クレジットカードも5〜7年経てば作れます。


クレジットカード

任意整理をすると、債権者側の会社の記録に残りますので、ほとんどの場合借金をしていたクレジットカードや消費者金融のカードは二度と作れませんし、借りることもできません。
任意整理も金融事故のため、情報が信用機関に5〜7年記載されます。例えば「日本信用情報機構」(JICC)では任意整理などの記録が5年間残ります。逆を言えば、5年経てばJICCに加盟しているクレジットカード会社の審査は受けられます。
一般的に、クレジットカードの審査難易度として、銀行系>信販系>流通系>消費者金融系の順となっています。まず消費者金融系のカードの審査を受け、利用実績を残してから信販系や銀行系のカードを作ると良いでしょう。

また、デビットカードならば審査不要で作れるところが多いです。ネットでの買い物でクレジットカードがないと不便などという場合は、デビットカードを使えます。

 

その7:返済期間中は借金が出来ないので、借金に苦しむことがない!


借金がなぜ増えてしまうかというと、返済すると生活費が足りなくなってまた借りてしまうという自転車操業に陥るからです。何故自転車操業に陥るかというと、お金が借りられるからです。
借りられなくなれば今あるお金でなんとかやりくりする他ありません。
消費者金融のCMで「ご利用は計画的に」という言葉がありますが、計画的にご利用できる人はそもそもお金のやりくりが上手で借りることがありません。
第三者に入ってもらい「ご利用を計画的に」することで、借金は初めて返済することが出来るのです。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか?
任意整理のマイナス面ばかりにとらわれることなく、冷静な第三者に入ってもらって破産する前に行動しましょう。
今回は「任意整理でクレジットカードのローンを返却した方がいい7つの理由」をお届けいたしました。最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind